© 2023 by SMALL BRAND.(著作権表示の例)Wix.comで作成したホームページです。

特別講演:鈴木 明子 氏 
 (プロフィギュアスケーター/元オリンピック日本代表)
 愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、体調を崩してスケートを離れた時期もあったが、2004年に見事復帰。そして2010年バンクーバーオリンピックで8位に入賞し、多くの感動を生んだ。持ち前の表現力と世界観で2011年GPファイナル銀メダル、2012年世界選手権銅メダル、現役最後の2013年全日本選手権では悲願の優勝を果たし、ソチへの切符を手にする。ソチオリンピックでは2大会連続となる8位入賞。
 現在は、プロフィギュアスケーターとしてアイスショー出演を軸に、テレビ出演や全国各地での講演活動を精力的に行っている。また2015年、本郷理華選手のSP「キダム」を振り付ける等、念願の振付師としてのキャリアをスタートさせた。
※直近の著書※
2015年12月発売
 「プロのフィギュア観戦術」 (PHP新書)
​ 「等身大で生きるースケートで学んだチャンスのつかみ方」 (NHK出版)
※著書※
 「壁はきっと越えられる~夢をかなえる晩成力」 (プレジデント社)
​ 「ひとつひとつ。すこしずつ。」 (KADOKAWA)

​教育講演:土屋 裕睦 教授(大阪体育大学)

~スポーツ指導における暴力根絶に向けて~

~ひとつひとつ。少しずつ。~

大阪体育大学 学長補佐 大学院教授  博士(体育科学)

1964年岐阜県生まれ。筑波大学大学院修了後、中国復旦大学へ留学。帰国後、筑波大学文部技官、助手を経て現職。学生相談室・スポーツカウンセリングルームでカウンセラーを担当する他に、プロチームや日本代表チーム、国体チーム等にてメンタルトレーニング指導、スポーツカウンセリングを担当。専門はスポーツ心理学。

日本オリンピック委員会(JOC)科学サポート部門員。

​文部科学省「スポーツ指導者の資質能力向上のための有識者会議」(タスクフォース)委員、日本スポーツ心理学会理事、資格委員会委員長。日本体育学会理事、指導者育成・資格特別委員会委員長。

※著書※

「ソーシャルサポートを活用したスポーツカウンセリング」(風間書房)

    文部科学省「新しい時代にふさわしいコーチング」(学研パブリッシング)

「よく分かるスポーツ心理学」(ミネルヴァ書房)    他

※論文※

「日本代表チームに対する心理サポートの実践:その現状と課題」スポーツ精神医学研究 2014

「スポーツ指導における暴力根絶に向けて:ストレスマネジメント教育への期待」ストレスマネジメント研究 2014

​「コーチング・イノベーションの促進」体育の科学 2016    他

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now